HOME » 外壁リフォーム » 商品ラインナップ » HANAタイル

本物のタイルでワンランク上の演出 / HANAタイル 総合カタログダウンロード

ハッピーエンドシリーズ「HANAタイル」

HANAタイル 素材感を大切にしたスタイリッシュな存在感を演出
HANAタイル
01 02 02 05
06 03 03 04
04
耐凍害性に優れ、寒冷地でも安心

1200℃前後で焼き固めるせっ器質タイルは安心して寒冷地でも使用できます。また吸収率も10.0%以下と外壁材として信頼できるタイルです。
安心したライフスタイルを創り出すデザイン施工にも適しております。

無ゆうタイル特有の配色

無ゆうタイル特有の粘土自体に含まれる鉄分などの呈色による色合いは、色の幅があり建物の形を引き立てます。
Happy[幸]Nature(自然)の名前の由来のような自然に幸せを感じるタイルです。心地よく豊かな楽しい住まいが似合います。

断熱性と施工性に優れたタイル

住まいを守る「断熱プレート」は夏涼しく冬暖かい快適な環境をサポートします。さらに下地の「断熱プレート」にレンガタイルを引っ掛けて接着する「乾式工法」を採用。
意匠性の高いHANAタイルは、新築時をしのぐ生まれ変わりを演出します。デザイン施工にも優れ、スタイリッシュに格調高い安心感のある個性溢れた住まいを表現します。

厚み
12mm 13mm 16mm 25mm 15mm 17mm
厚さ12mm 厚さ13mm 厚さ16mm 厚さ25mm 厚さ15mm 厚さ17mm
製品の厚さ12mm品です。 製品の厚さ13mm品です。 製品の厚さ16mm品です。 製品の厚さ25mm品です。 下地の厚さ15mm品です。 下地の厚さ17mm品です。
塗装
フッ素樹脂塗装 4コート4ベーク リンクルカラー インクジェット 3D 3D
フッ素樹脂塗装 4コート4ベーク リンクルカラー インクジェット 3D 低光沢
70%フッ素樹脂塗装を採用。紫外線や腐食に強く耐久性に優れています。 塗装と焼きつけを交互に4回づつ施しています。 塗料に配合した特殊な硬化抑制剤でちぢみ模様を表現。厚膜塗装の為耐久性に優れています。 高精細なインクジェット塗装を施した製品です。 3Dアートの画像処理技術を取り入れ、深みを持った重量感のある高品質な外観を演出しています。 低光沢クリア塗膜により、インクジェット印刷のデザインによるテクスチャーをよりリアルに再現しています。
貼り方
タテ貼り ヨコ貼り
タテ貼り ヨコ貼り
壁面をすっきりとさせた建物にスケール感を与えるタテ貼りの商品です。 連続する柄が建物に広がり感や安定感を与えるヨコ貼りの商品です。
取得認定の種類
防火 準耐火構造
防火構造 準耐火構造
30分の防火性能を有する防火構造に対応しています。 45分間の耐火性能を有する準耐火構造に対応しています。
表面の材質
ガルバリウム レンガタイル 無ゆう・II種 スーパーダイマ
ガルバリウム鋼板 レンガタイル 無ゆう・II種 スーパーダイマ
耐食性に優れた55%アルミ・亜鉛合金めっき鋼板です。 「万里の長城」生誕の地、「山東省」の素材から作られた高級レンガタイルです。 釉薬りをかけていないもの。素地原料を生かした素焼きのタイル 従来の亜鉛めっきにアルミニウム、マグネシウム、ケイ素を添加し、耐食性を高めた新素材です。
その他
ノンフロン 10年保証 金属サイディング グラジェットクリーン 高耐候
ノンフロン 10年保証 金属サイディング  グラジェットクリーン 高耐候
環境に配慮した地球に優しいノンフロン商品です。 10年の長期保証付の商品です。 耐熱性や耐食性など優れた基本性能を備えた金属サイディングです。 親水性の特殊クリア塗膜が雨で汚れを洗い流すセルフクリーン機能で、美しい外観を保ちます。 耐候性に優れたクリア塗膜が外壁塗膜の自然劣化を大幅に軽減します。

HANAタイル / カラーバリエーション

FJF-2-00 FJF-2-20 FJF-2-40 FJF-2-92
FJF-2-10 FJF-2-30 FJF-2-50 FJF-2-01

「HANAタイル」コーディネート例

カラーバリエーション豊富な「HANAタイル」

「HANAタイル」は、豊富なカラーラインナップがあり、建物の形を引き立てることのできる素材です。
また意匠性が高く、新築時をしのぐ生まれ変わりを演出します。

例1 FJF-2-30

▲ FJF-2-10 ・ FJF2-20

  • 簡易見積もり
  • お問い合わせ
  • 商品ラインナップ
  • HANAタイル
  • 万里
  • レジェンドストーン
  • レジェン大地
  • レジェン大空
  • レジェンウッド
  • 大地
  • 大空 II
  • リンクルJAPAN
このページのトップへ